「純白ドレスだからウブ毛でも目立っちゃう」ブライダル脱毛はこんな部分にも気を付けて!!

職場の同僚や友人の結婚式に参列したときに、とくに女子目線だからこそ目立つ部分・・・ありませんか?

 

たとえば
・首筋やお顔周りのうっすらとした髪の毛との境目
・背中の広いゾーンのニキビ痕や肌荒れと目立つ毛穴とムダ毛
・肌のくすみかと二度見しちゃうほどの肩や二の腕のうっすらムダ毛

 

多くの方は挙式の前に、永久脱毛以外にも、エステでのブライダル脱毛各種などを行われる方が多いようですが、これもエステティシャンの腕や、サロンによっては「一生に一度しかない大切な日なのに、残念な思い出となってしまう」こともあります。

 

ブライダルエステのコースは、その人の悩みによって、その組み立ても非常に柔軟に行えるゆえに、手抜かりも起こりがち。

 

失敗しないためには、いったいどんな部分に重点的に脱毛ケアをお願いすればよいのでしょうか?

●ウエディングドレスでは、屋内外ともに肌くすみや産毛密集ゾーンはゼッタイNG

結婚式や披露宴では、とくに純白ドレスや明るい色合いで光沢や透け感のある素材のものが多いですよね。

 

チャペルでのウエディングでも、そして屋外ウエディングでも、バージンロードやキャンドルサービスのシーンでは、ライトがあらゆる方向から、スポットで狙われるようにガンガン照り付けます。

 

すると日常の光とは違い、その真ん中の光が交差する位置に立っている人のまわりの、埃やケバが見えやすいのです。

 

これは学芸会のステージなどで、経験したことがあるかたも多いかもしれません。

 

さらに、結婚式のメインといえばやはり新婦の華やかなドレス。そのドレスの滑らかで美しい輝きと対比して、ほんのすこしの肌乾燥があっても、肌がざらざらに見えてしまい、産毛がうっすらと残っていればそれもとても目立ってしまいます。

 

とくにざらざら肌に、産毛がダブルの状態で残っていると、白のドレス滑らかな生地との対比で、肌の皺が非常に目立つことに。

 

せっかくの新婦なのに、老け込んでしまう女子というのはかなり多いのですが、こんな点もブライダル脱毛+ブライダルエステを念入りにおこなうことでかなり防げます。

 

●とくに上半身は、細部まで念入りに

通常のエステで、挙式の日を伝えて、その日まで優先させてスケジュールを組んでもらう「ブライダルエステコース」では、スケジュールやコース内のメニューの組み立てにも、本人の目指す方向によってさまざまな違いがあります。

 

たとえば、ブライダル脱毛でも、産毛などはほとんど目立たず細い薄い毛。毛が生えるのも遅いため、数日前に施術しておけばいい人では、前日あたりに施術してもらう内容は脱毛ではなくむくみ取りやボディと顔の造隆ケアに、肌のつやだし等。

 

若くて毛がもりもり生えてくる女子では、数日前までに機材などで肌の活性化を行っておき、前日あたりには丹念な脱毛除毛をプラスします。

 

こういった方では、毛が細く長くすぐに生えてきてしまう極端なダイエットや極端な暴飲暴食もNG。

 

挙式直前で緊張感MAXでも、いまは新婦として美しく過ごせることを優先にして、エステ脱毛やブライダルエステの直前施術の前後には、自分の目でもしっかりチェック。

 

中には、施術漏れが無いよう、エステティシャン以外のチェックも行ってもらうために、直前期には、お友達やお母さんからも、細部まで第三者の目でチェックしてもらう方もあるのだとか。

 

また、急な施術漏れで焦らなくていいように、飛び込みでも十分余裕をもって施術を行ってもらえる、ホテルなどのエステサービスを併用する方もあります。

 

これだと、2人のエステのプロからのチェックも受けられるので、本当に万全の体制で臨めそうですね。

 

●意外と忘れがちなお顔周りは、ぎりぎりの日にしっかり脱毛を!

どんなに頑張って脱毛していても、生えかけた毛が、とくに透明感のある顔周りで、きたない産毛だまりや、くすみや黒ずみに見えたり、場合によっては皺のようにすら見えてしまうことがあるのが、顎や法令線など口元周りと、額まわりの脱毛。

 

とくにつるっとした額周りと、顔なのに毛穴が非常に落ち込みがちな口元周りは、どれだけしっかりケアしていても、生えかけた毛が目立ってしまいます。

 

通常ブライダル脱毛で、ワックス脱毛や除毛をお願いしていれば、ぎりぎり前日前後にも施術されることも少なくありませんが、いつもすぐに毛が生えてきて不安という方は、ブライダルエステやブライダル脱毛のコース設定のためのカウンセリング時にしっかりと申し出ておきましょう。

 

とくに、つや感のある肌に仕上げる方では、本当の直前に脱毛除毛を行ってもいいほどの部位でもあります。

 

●カラードレス対応で、足だってしっかり脱毛+血行ケア

明るく透け感は高いものの、しっかりとした生地のものが多いカラードレス。普段のパーティードレスとは雰囲気が全く異なり、主役級の高級感は、この生地の質感にも表れています。

 

裾部分も、パーティードレスとは異なり、主役の女性の脚や手をメインに引き立たせてくれる存在。

 

そんなこともあり、脚の脱毛は抜かりなく行っておきたい部分です。

 

また、意外と冷えがちな結婚式場や披露宴会場では、脚の血行がわるくなり、肌色が最悪に・・・青白く見える皮膚から、伸びかけた毛穴ごと、うっかり皆様の目に触れてしまうこともあります。

 

とくに、肌色が透明に近い方や、青白い肌色の方、乾燥や冷え症、のぼせなどで毛穴が開きがちな方は、こうした部分の血行ケアやむくみ対策なども、ブライダル脱毛と一緒に行ってもらえるようにするとよいでしょう。

 

よく永久脱毛に使われるパルスタイプや温熱、光タイプの機材でも、完全に脱毛するわけではなく、毛を細く薄く見せるための施術は可能です。また発生する温熱効果などによって、肌の深部から、うるおいや健康な肌色印象に働きかけてくれるものもあります。

 

どんな機材があり、どんなメニューが自分に向いているのかは、いろいろなエステティックサロンの体験会に行き比べても良いかもしれません。

 

●脱毛不十分だと、肌くすみや肌曇りに見えてしまい、全体として老け込んだ残念な印象に…

折角行った脱毛でも、すぐに伸びてきてしまえば、それは肌くすみや肌曇り、最悪のケースでは皺や、毛自体が残ってしまい、見た目には老け込んで見えたり、だらしない印象につながってしまいます。
脱毛や除毛と並行して、数か月前から自宅ケアでもマッサージなどを行いながら、自分の毛の生えてくる周期に併せてのスケジュール設定がまずは大切。

 

加えて、あまりに毛が伸びやすい、あるいは毛が細くてたくさん生えてきてしまうという方では、エステでの施術とあわせて、毛が伸びにくくなる抑毛ローションなどを合わせて使うのもよいでしょう。

 

毛が急に伸びてくるように感じるケースがあるのは、普段刺激を受けない位置が、エステなどの刺激から身を守るために、急に毛を伸ばしたり、メラニン色素などを刺激の近辺にあつめてくるといったケースもあります。

 

もし普段よりも気になるようなことがあれば、エステティシャンの人に相談しましょう。

 

抑毛ローションなどを使う際にも、カウンセリング時に持参して申し出るのが良いでしょう。

 

まとめ

普段エステティックサロンに通っている人でも、とくに主役となる日を決めて、その日までに、スケジュールをかっちりキメテ行う必要があるのがブライダルエステやブライダル脱毛。

 

新婦よりも実は、エステティックサロンの技術者は、みなさんのスケジュールをほんとうに美しさのためにぎりぎりまで考え抜いて設定しています。

 

挙式前は、さまざまな準備やお世話になった方へのご挨拶、仕事の引継ぎや引っ越しなど、さまざまな急用で、エステのスケジュールをずらしてもらうなんていうこともありますが、実はこれが一番の大敵。

 

他のあらゆるイベントは、新郎や両親に任せても、本人以外ほかに替えのきかないブライダルエステだけは優先させて、とくにブライダル脱毛はそのなかでも、じっくり毛質や肌質にあわせて取り組みたいものです。